スペーシアの値引き口コミ集

 

スペーシア

 

・スペーシア購入時期

 

2016年8月6日

 

・商談地(HN)

 

佐賀県(佐藤さん)

 

・購入グレード

 

スペーシア T

 

・オプション金額合計

 

185,230円

 

・スペーシア本体値引き

 

80,000円

 

・オプション値引き

 

23,240円

 

・スペーシア値引き合計金額

 

103,240円

 

・下取り車価格(カッコ内は当初の査定額)

 

120,000円(120,000円)

 

・下取り車上乗せ金額

 

0円 (下取り車を高く売る方法

 

・スペーシア値引き口コミ

 

今回、スズキさんのスペーシアを、契約しました!

契約したのは今月で、今はまだ納車待ちの状態です。


フィットを愛用していたのですが、車検切れ間近で、コンパクトなのは良いですが、チャイルドシートを乗せて走るのでかなり狭く、狭い駐車場のドアの開け閉めに関しても、かなり慎重にならなければいけないので、かなりストレスが溜まっており、この際今流行りの、スライドドアの軽自動車に、乗り換えようと思いました。

 

色んなメーカーを、回ってみようと思ったのですが、最近スペーシアのCMをよく見ていて、可愛いデザインだったので、最初に見に行くことになりました。

 

所詮、軽自動車という概念がまだあったので、実際に車を見て驚きました。
室内の広さは想像以上で、チャイルドシートも楽々装着可能。


ターボ車設定もあり、良く買い物に行く私にとっては、魅力的な部分しかありませんでした。

イベント時期を狙って、訪れたという事もあり、早速見積もりを頂きました。


周りからも軽自動車にするなら、絶対ターボ車にした方が、良いと言われていたので、グレードTの見積もりを頂いたのですが、デュアルカメラサポート付き車で、156万円の車からの値引きは、8万円のみです。

 

イベントなのに、これしか値引きは無いのかと思い、目玉車設定のチラシを眺めていると、ひとつ下のXであれば、マット・バイザーがついて、12万円の値引き。


それにプラスして、ナビプレゼント。

この条件を、ターボ車にも設定できないのか、聞いてみたのですがあっさり、

 

「今回は、Xだけの設定になっています。」

と切り捨てられました。

 

でも車両本体価格が、XよりもTの方が高いのに、値引きが低いのに納得がいかず、なんとか粘って交渉を続けました。

 

すると、フィットを査定させて欲しいと言われたので、一時間くらい待っていると、営業の方が疲れ切った表情で、戻ってきました。

 

条件を見てみると、

車両値引き 8万円の値引き
オプション 2万円の値引き
フィット 12万円の査定金額

になりました。


営業の方は、
「値引きは後2万円足りませんが、下取り価格にプラスしています。フィットは、この年式だと本来、もう値段はつかないのですが、せめてナビ金額分は、付けて欲しいとお願いして、無理につけて貰いました。
ただ、こちらの条件は、今日契約をして頂ける場合のみです!」

 

と言われたので、実際にネットで、私のフィットの買取相場を見てみると、0円表示になっており、営業の方が、嘘を言っていない事が分かりました。

 

正直、お持ち帰りしたい気持ちが強かったのですが、ここまでやってくれたのに、断るのも常識として良くないと思いましたし、この条件なら契約しても良いと思ったので、その日に契約をしてきました。

 

すごく良い車だと思うので、値引き交渉を粘るだけ粘り、10万円近くお得にして頂けたので、本当に良かったと思います!

 

 

こちらも参考に!当サイトの値引き交渉術

スペーシアから1発で値引きを引き出す方法(商談時間の短縮)

スペーシアから3回の交渉で値引きを引き出す方法(大幅値引きの確率アップ)

 

 

スポンサーリンク

PAGE TOP

copyright©2009-2017 スズキ スペーシアを安く買おう! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com