スペーシア 値引き交渉 中盤編

 

序盤編でスペーシアや他車のディーラーで初回交渉を済ませたら、競合を含めた具体的な値引き交渉を開始します。

 

中盤編では、スペーシア同士の競合を除いた他車との競合により、スペーシアからある程度の値引きを引き出します。

 

中盤編でスペーシアの限界付近の値引き額を引き出せれば、終盤編で大幅値引き達成の確率が高まります。

 

 

スペーシアとライバル車の競合

 

値引き交渉序盤編で、各ディーラーを回ったら、スペーシアの値引きが期待出来そうなディーラー、話しやすいセールスマンさんなど優先順位を付けて、これから回るディーラーの順番を決めいきます。

 

順番の決め方は、値引きが最も期待できそうなディーラーほど後回しにするのがコツです。

 

優先順位の低いライバル車のディーラーから商談して、そこで出た値引き条件を次のディーラーへ、また出た条件を次のディーラーへと、他のディーラーの値引き条件をぶつけて競合させていきます。

 

ライバル車には、「スペーシアは○○万円引いてくれましたよ」などと、具体的な金額を出すと効果的です。

 

そうして出たライバル車の値引き条件を、後回しにしているスペーシアの各スズキディーラーへぶつけます。

 

その際も「車選びにはまだ迷っている」と言う状況でセールスマンさんと接していきます。

 

そして「NBOXはスペーシアよりもこれだけ安いので迷っています・・・」などと言って、値引きの上乗せを期待しましょう。

 

 

スペーシア同士の競合はまだ控える

 

この段階でスペーシア同士を競合させると、「ではその金額に合わせます」と互いのディーラーで牽制しあって、スペーシアの値引きが伸びなくなる事があります。

 

実際はまだ値引きの上乗せが可能でも、「このお客さんはスペーシアを買うつもりだから、これ以上の値引きはやめておこう」と、値引きがストップしてしまうことも。

 

スペーシア同士の競合は、交渉終盤で持ちかけましょう。


 

スペーシアの限界付近の値引き条件を引き出す

 

競合車の値引き条件をぶつけて、スペーシアの現時点での目いっぱいの値引きを引き出します。

 

「タントからかなりの条件が出ている」「奥さんは安い方がいいと言っているので、このままだとデイズルークスに決まってしまう」などと言って、現状めいっぱいの値引き条件をスペーシアから引き出しましょう。

 

「この条件は今日までです。契約してください!」と契約を迫られても、「大きな買い物なので嫁さん(又は両親など)と相談しないと決められません」

 

「向こうのセールスマンさんとこの後会う約束をしています。約束は破れないので今は契約できません」などと言って返事を保留します。

 

 

値引きと査定は分けて交渉

 

下取り車がある場合は、スペーシアの値引き交渉と並行して下取り額の上乗せも要求していきます。その場合は、スペーシアの値引きと下取り車の金額を分けて商談しましょう。

 

値引きと下取りが込みで、「総額○○万円」となると、現在の値引き額がいくらなのか?下取り金額がいくらなのか?分からなくなります。

 

値引きも下取りも込みの総額で契約すると、契約書を見るとスペーシアの値引きがイマイチだった、なんて事になりかねません。セールスマンさんの思い通りにやられてしまう事になります。

 

この値引き交渉中盤編では、スペーシアの値引き額と下取り額はきっちりと分けて商談を進めて行きましょう。

 

 

→次のページへ

 

 

スポンサーリンク

PAGE TOP

copyright©2009-2017 スズキ スペーシアを安く買おう! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com